12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-02-16 (Thu)
雨雨雨の一日だったが、重い腰をあげて三宮に行ってきました。

実は、神戸入りして「結婚指輪」の磨きとサイズのお直しをお願いしていたのだ。
ずっと直したかったのだが、やっぱり買ったお店じゃないと・・・と、この機会を待っていた。

私たちは神戸・北野で結婚式を挙げたのだが
ドレスから指輪など北野の小さなお店で一つずつ準備した。
だから、北野坂を歩くだけで本当にあの頃の甘くて優しい気持ちが蘇る。

指輪を買ったお店も、ひっそりと街の風景の一部と化しあの頃のままです。

出来上がった指輪を見て、また感動!!
新品じゃん~~~~
うわ~~、蘇る~~~、
指輪交換の光景とか、ドレスに袖を通したときのあの気持ちが!!

あぁ~~あの頃、オットのこと本当に好きで幸せで幸せでたまらなかったような・・・(笑)

タイムスリップしたような不思議な感覚。

たまには、こうやって思い出の地を訪れて、こんな気持ちを思い出さなければならないのだろう。
そのためにも、指輪を磨くということは大切なことなのだ。
「結婚指輪」の意味ってこういうことだったのだ・・・と改めて感じる。
ただ、はめるだけのものではなく
あの頃の気持ちを思い出す、素敵なアイテムなのだ。

たかが、指輪・・・でも偉大な力を持った指輪なのだね。
結婚10年目を無事迎えることができたなら、またこのお店で買ってほしいな。

<中>{}

左側は結婚指輪・・・
右側は同じところで、初めてオットからプレゼントしてもらった普通の指輪{ラブラブ}

身重にあの北野坂は殺人的だったので、本当はもっとウロウロするつもりだったけど断念。
お腹がなんか硬いし・・・
本当に残念。

今度は・・・何年後になるかわかんないけど、オットとアレックスと思い出に浸りながら歩きたいな。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。