123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-06-14 (Wed)
     「うんこするみたいに肛門に力いれて、お腹を押すからこの力を跳ね返せ!」
     と言われて、<太><色:#ff0000>何クソっ ボケ~~!!って自分の持ってる力をすべて出し尽くす。
     言ってることは理解できるので、だいたいのコツはわかってきた。
     陣痛の波が来た!息を吐く!大きく吸う!きばる~~~~んんんんんん!!!
    

     今どの程度なのかサッパリ。陣痛の合間の数秒間は死んだように朦朧。
     息、息、息をすることが精一杯。
     でも、突然<色:#ff0000>「あと1回がんばればもう出てくる!」と言われて、
     最後の根性、気合、意地!!!
     想像を絶するくらいの自分の底力できばりだす。

     
pm 22:37 生暖かくて、でっかいソーセージみたいな感触が内股を通過。
    
誕生・・・・
<太><太><大><色:#ff0066>3324g 50cmの女の子誕生
オットへその緒カット。
<左>{}


私の第一声「元気?元気?」とそればかり。
子供は元気でした。

膣壁が狭くて硬くて筋肉質でセンセイも助産婦さんも今だから言うけど「半分、下からはムリかも」と思ってたらしい。
当然、帝王切開の準備もされていた。
子供の心拍が下がればすぐに対応できるように。
会陰切開で中央から肛門右側に裂けるのを誘導するように切開したらしいが
それでは間に合わず膣壁から肛門まで裂けまくったらしい。

ヘタをしたら直腸まで破裂して縫合どころか手術になっていたとのこと。
オットから聞いたが、途中血しぶきがセンセイの顔にかかってたって( ̄Д ̄;;

スポンサーサイト
| ぴちくり生後0ヶ月 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。