12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-06-08 (Fri)
今日はぴちくりさんのお誕生日。

朝から何も変わらない一日(笑)
午前中、保育園に行きみんなに<太><大>「おめでとう♪」と言ってもらう。
でもあまり実感がない。
こんな感じで一日が終わるのだろうか。

昼からは友人からお祝いのお花が届き、お礼方々しゃべり倒し、夕方から買い物と外遊び。
やっぱりいつもと変わらない一日か?!

すると、パパンから<太>「誕生日のプレゼントを買いに行こう!」
おぃおぃ、今ごろ言うなよ(ーー;)

夜19時にトイザらすへGO!

パパンは最初から<太>「ぬいぐるみ」は買うつもりだったらしく、一生懸命あれこれ選んでおりました。
ぴちくりちゃん、ぬいぐるみ大好きだからね。

私は押し車or三輪車or自転車で延々悩み・・・・

家に着くと21時半・・・
バタバタと風呂に入れるうちになんか私の様子が変?!

ぴちくりを見る度にウルウルするんです。
なんだ?なんだ?
月の引力に導かれるように、みるみる感動モードに変わっていくよぉ~<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

<太>「1年一緒にいてくれてありがとう」
「大きくなってくれてありがとう」
「ぴちくりを与えてくれてありがとう」

言葉では言い尽くせぬ思いが一気にふわぁーーーーって。
鼻の奥がキューンと痛くなるくらい胸がいっぱいになってきた。

この子を産んだ22時37分が近づいてきたからか、私の体が去年の今日を鮮明に思い出したのだ。
本能なのかもしれない。
今までは忙しさにかまけて、過去を振り返る時間も記憶もまったくなかった。
生まれたときのことってどうだっけ??全然思い出せなかった。

でも今日は鮮明に記憶が蘇ってくる。
あの痛みや苦しみや、先生の言葉、看護師さんの励まし、パパンの様子、初めてぴちくりと対面したときの気持ちとかね。

そして0から始まった私のぴちくりへの愛情は日々増え続け365日目に満タンになった。
自分でもハッキリわかるのだ。
昨日より今日、今日より明日、どんどんぴちくりが愛しくなるのだ。
そして明日からはこの愛情ボトルは注がれ続けて溢れっぱなしなのだろう。

お祝いは明日、爺婆を呼んでするので今日は家族3人でひっそりと。
珍しく写真も撮らず、料理もがんばらず、ただただ感無量に耽る地味な誕生日でした。

大好きなぴちくりへ。
私はずっとずっとあなたの傍にいるよ。
あなたが辛いときは盾になり、あなたが幸せなときはそっと見守り続けるよ。
あなたの不安は全部私が取り除いてあげるからね。
安心して大きくなってね。

<左>{}
スポンサーサイト
| ぴちくり1歳 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。